会社売却をするのなら慎重に専門業者選びをしよう

売上アップは情報管理から

レジ

分析用データを自動収録

店舗経営者にとって、業績アップのために欠かせないのが正確かつ詳細な売上管理です。どの商品がどれくらい売れているのか、どんなサービスが好まれているのかといった消費者の動向を知ることは、経営戦略上非常に重要です。こうしたニーズに応えるのが、POSシステムです。POSとはPoints Of Salesの略語で、「販売時点」という意味になります。その名の通り、商品等の売上があった時点で販売データを随時に収録することで、スタッフの負担を増やさずに記録・集計ができる売上管理システムです。POSといえば、少し前まではコンビニやスーパーのような全国チェーンが本部で一括管理する大がかりなシステムというイメージがありましたが、現在では小規模店舗でも利用できる簡易版が普及しています。必要なのはPOSレジと呼ばれる情報処理機能付きの金銭登録機と、データの入力装置です。入力装置はバーコード読み取り機がおなじみですが、業態や商品の種類に応じて、ボタン入力式・タッチパネル式などのバリエーションがあります。商品の売上が発生した場合、バーコードの読み取り等によってPOSレジで会計処理を行うと、商品名や単価、販売された日時などのデータがレジ内に蓄積されます。また、その日の天候などを同時に収録することもできます。こうして得られたデータは、日計や月計などの算出に使われます。さらに、商品ごと・季節ごと・時間帯ごとといった、さまざまな角度からの売上動向をチェックすることも可能です。これを利用して、品ぞろえや商品陳列など経営上の工夫に生かすことができます。